インターネット型 結婚相手紹介サービス業認証制度
On-line Marrige Agency Services

よくあるご質問

結婚相手紹介サービス業認証制度について

Q

インターネット型結婚相手紹介サービス業認証制度とは何ですか?

A

インターネット型結婚相手紹介サービス業認証制度は、2009年より開始した「店舗型結婚相談業」を対象とする認証制度の運用実績を踏まえて、婚活サイトや婚活アプリ等のインターネットで申し込みから利用までが完結する「結婚相手探し」のためのマッチングサービスを審査対象として、2020年度に当機構が開始する新たな認証制度です。

インターネットによる契約形態やサービス提供の特性を踏まえて、適切な情報公開、消費者との適切かつ明確な契約・解約、独身証明書の活用、健全なサービスの品質確保などの項目について、適切な運営がなされているかどうかを当機構が審査し、認証基準に適合する事業者に認証を付与します。消費者が安心して結婚相手紹介サービスを利用していただくための目印となることを目指して設立された制度です。

Q

認証取得のための費用はどれくらいかかりますか?

A

申請料は、10万円、審査料は80万円、認証が認められた場合の認証マーク使用料は、2年分で20万円となっています。上記の費用は、認証を申請するサービスごとにかかります。

申請について

Q

マッチングサイトは認証を申請できますか?

A

交際相手を探す男女が利用するマッチングサイトのうち、「結婚相手探し」または「結婚を前提とした交際相手探し」のためのサービスであることを明示しているサービスが認証審査の対象になります。いわゆる「出会い系サイト」は認証審査の対象とはなりません。

Q

特定商取引法・特定継続的役務の対象事業者も申請できますか?

A

本認証制度は、インターネットを通じて利用者が申し込みを行うマッチングサービスを対象とし、特定商取引法・特定継続的役務の対象事業者は申請することができません。特定商取引法・特定継続的役務の対象事業者は店舗型結婚相手紹介サービス業認証制度の対象となります。

Q

メールの送信ごとに料金がかかるサービスですが認証を申請できますか?

A

本認証制度は、月額料金制などの基本料金を定額料金方式とするサービスを対象としています。基本料金が従量制課金制となっているサービスは認証審査の対象となりません。

審査について

Q

24時間365日常時監視体制とは何ですか?

A

結婚に向けた真剣な交際相手探しをする利用者にとって不適切と考えられる「援助交際」などを目的とする利用者を排除するため、利用者が他の利用者に向けて発信するメッセージの全てについて、24時間365日常時監視する運用を行っている事業者だけが認証の対象となります。当機構では、24時間365日常時監視する運用が適切になされているかどうかを、自動検知するNGワードの設定や自動検知システムの稼働状況、また検知された不適切な利用者を排除するための適切な措置の実施状況などを審査します。審査は事業者の現地において行い、また必要と判断した場合には当機構の審査員による覆面審査を独自に実施します。

Q

国民生活センターへの苦情相談の状況の審査とはどのようなものですか?

A

当機構では、認証審査の申請があった場合には、全国の消費生活センターで取り扱った、申請事業者に関する苦情・相談の件数を調査し、苦情・相談の件数や発生推移などを検討し、認証付与に相応しくないと判断した場合には、申請を受理しません。判断基準は非開示です。

Q

サーベイランスとは何ですか?

A

当機構による認証の有効期間は2年間ですが、認証期間の途中においてサーベイランス(中間審査)を行います。中間審査に際しては、事業者による自主的な認証基準の遵守状況の報告に加えて、当機構による認証基準の遵守状況に関する各種の審査を必要に応じて実施します。

その他

Q

認証マークは取り消されることがありますか?

A

認証事業者において、認証基準を遵守した事業活動が行われていない場合には、当機構が定める認証制度の運用規程に従い、認証基準への不適合事項の是正を求め、是正されない場合には認証マークの取り消しを含む運用規定に基づく措置を実施します。また、認証マークを取り消した事業者については取り消しに関する情報の公開を行います。

一覧へ戻る